本文へスキップ
熊情制作
動画集
(Youtube)
当センターが過去に制作した聴覚障害者向け映像をYoutubeで公開しています。どうぞご覧ください。
 
   
問い合わせ
 
あきらのほのぼの日記
  
  一般財団法人 熊本県ろう者福祉協会
    常務理事  松永 朗
  1937年9月2日 長崎県佐世保生まれ。
終戦3ヶ月前に脳膜炎で聴力を剥奪される。その後、一般の小学校に3年通い、熊本聾学校に転校。
聾学校卒業後、紳士服仕立て職の雇い主がろう協の会長経験者で、ろう運動・福祉論の指南を受ける。
1992~2009年度まで熊本県聴覚障害者情報提供センターの所長を務める。
趣味は山歩き・読書・1日映画館を3軒はしごした映画好き。
 
 2019年が明けました。明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 平成は終わり、新たな元号が4月1日に発表されますが、それまでは西暦を使わせていただきます。文章を書くたびに元号は常に使いますが、使っているうちにつくづく感じるのは、日本という国は元号と西暦を使いますね。これが大変ですね。歴史的な書物を読むとき、「・・・天正〇〇年 徳川〇〇が何々をして・・・」のとき、天正〇〇年は今から何年前か西暦を参考に計算しなければわからない。その逆に、洋画のテレビドラマで「・・19○○年に何々を・・・」の時は、現在の西暦から19○○年を差し引けば〝〇〇年前か〟と理解できるが、歴史的背景を考えるとき19○○年は昭和〇〇年だったか、大正〇〇年だったか これを考えるときが大変ですね。世界の中で元号を用いているのは日本だけだろうか。新年早々愚痴っぽい話で恐縮でした。終わりにします。



 1月3日に起きた地震は和水町が大きいので、年始あいさつ回りを終えて、昼前、愛車を駆って和水町付近を回った。和水の道の駅に立ち寄り、店内を見たが地震後という雰囲気はなく、平常営業の体であった。嬉しいことに、そばに小さい喫茶店があった。年配の女の人がカウンターでコーヒーをいれていた。お客は高齢の女の人が二名いて、歓談?、地震の話?かわからないが、真剣な体で会談していた。帰り際、地震の話を聞き出すためいろいろ聞いて見たが、大したことはないようで胸をなでおろしてその場を後にした。

 次に和水町役場に行き、被害状況を質すと28年の熊本地震のように全壊・半壊は皆無とのことだった。役場の隣に公民館があり、自主避難所になっていたので覗いてみたが人が居る気配はなかった。
 当初の計画は、和水町から山鹿市や鹿本地域を回るつもりだったが、和水町の状況からして他の地域も大丈夫だろうと勝手な判断をして、せっかく和水町まで来たので、せめて金栗四三さんのふるさとを見に行こうと方向転換して行った。和水町では若い職員さんが親切に案内マップを取り寄せてくれたので、このマップを頼りにして行ってみた。角には案内の掲示があって迷わずに行けたが一カ所見落としがあり迷ったが・・・無事着いた。
 生家は意外と大きな屋敷であった。今は、見学のための環境整備中で境内にも入れず、10m位離れて見るしかなかった。マップには近く?に金栗四三さんのミュージアムがあると紹介されていた。そこまで足を延ばそうと思ったが、日も傾いてきたので諦めて帰ることにした。



 今年のNHK大河ドラマは、金栗四三さんを語る「いだてん」である。道路の路肩には、このための幟りがたくさん並んでいた。案内マップには金栗四三さんのミュージアム・金栗四三さんの生家巡りに付帯する観光地も紹介されていた。春になったら自然の田園を満喫できるようである。今年の春のレジャーは、ここをお勧めしたい。