本文へジャンプ

熊本県聴覚障害者情報提供センターについて

 聴覚障害者情報提供施設って何?

聴覚障害者情報提供施設は、きこえない人たちが楽しく明るい生活が送れるよう情報提供やコミュニケーションを支援する施設です。
(点字図書館と共に「身体障害者福祉法 第34条」に定められています。)

きこえない人たちの情報受信・発信基地であり、きこえない人たちに情報を届けたり、きこえない人たちのことを知る場だったり、きこえない人たちが楽しく集う場所です。

 熊本県聴覚障害者情報提供センター 
   
 ●設置:熊本県  ●運営:一般財団法人 熊本県ろう者福祉協会 
 
 1983年
(昭和58年)
熊本市水前寺にある熊本聴覚障害者総合福祉センター内に「聴覚障害者情報文化センター」として、映像制作等の事業を開始。
 1991年
(平成3年)10月
聴覚障害者情報提供施設として熊本県から認可を受ける。
(全国に先駆けて聴覚障害者情報提供施設の認可を受けたのは、熊本、東京、京都、神奈川の4か所)
 1992年
(平成4年)11月
名称を「熊本県聴覚障害者情報提供センター」と改め、聴覚障害者情報提供施設の機能を現所在地(熊本県身体障がい者福祉センター内)に移転。


●センター案内図(福祉センター東側 2F)
 
 研修会議室  事務所  ふれあいシアター
 
 コミュニケーションルーム  制作室・スタジオ  ビデオライブラリー