1.どんな場合に
 遠隔手話通訳を利用できるの?
 



 
<動画挿入予定>


 ◆例えば
 

新型コロナの症状がある

新型コロナで隔離されている
   

PCR検査を受ける

新型コロナで入院している

  など…もし、聴覚障害者自身が新型コロナに感染した場合、
  あらゆる場面で遠隔手話通訳が必要になります。


 ◆他には


病院での診察

薬をもらいに行く

  
新型コロナでなくても、 医療機関で手話通訳者の同行が
  認められない場合は、遠隔手話通訳で対応します。

   ※手話通訳者の同行が可能かどうか、前もって医療機関に確認してください。



 ◆手話通訳者の同行が難しい現場って どこかな?
 
病院や高齢者施設などでは、新型コロナの感染防止対策として、手話通訳者の同行が認められない場合があります。
困ったときは、熊本聴覚障害者総合福祉センターまで、
お問い合わせください。

  ※ただし、市町村によっては、遠隔手話通訳が認められないケースがあります。


 ◆問い合わせ先 (受付:月〜土 8:30〜17:30)
 
 一般財団法人 熊本県ろう者福祉協会
 (熊本市中央区水前寺6−9−4 熊本聴覚障害者総合福祉センター)

  FAX:096−384−5937 TEL:096−383−5587
  M-ail : kumasyuwahaken@aurora.ocn.ne.jp