本文へスキップ
熊情制作
動画集
(Youtube)
当センターが過去に制作した聴覚障害者向け映像をYoutubeで公開しています。どうぞご覧ください。
 
   
問い合わせ
 
聴障ビデオマガジン「みるっく」
聴覚障害に関する情報やできごとなどを楽しくお伝えする熊本ローカルの情報番組。
毎月制作しています。(30分)

「みるっく」は、当センターのビデオライブラリーで貸し出されているほか、J:COM熊本(ケーブルテレビ)やCS障害者放送で放送されています。

※また、実費負担(30,000円/12本/1年間/送料込み)でDVDを送付することもできます。
 興味のある方は当センターにご連絡ください。

 「みるっく」までの歩み
   



【県ろう協ビデオニュース】
1987年スタート。不定期で26まで制作された。
ろう協の事業や研修会、イベントの紹介などのほかに、熊本の歴史を紹介する「朗の歴史散歩」や「新しい手話」など、現在の「みるっく」に通ずる楽しいコーナーがあった。
【ビデオインカム】
熊本県聴覚障害者情報提供センターのビデオニュースとして、1995年2月にスタート。
番組の進行役は一般から募集し、加藤正浩さんと野田尚子さんの2人のろうコンビが司会を務めた。
1997年3月(26)まで制作された「みるっく」の前身となる作品。
【聴障ビデオマガジンみるっく(初期)】
タイトルを一新し1997年4月スタート!(毎月制作/年12回)
司会は引き続き加藤&野田の名コンビ。ボケの加藤、ツッコミの野田というキャラクターが定着し、視聴者に親しまれた。
元気に活躍している方を紹介する「わたし元気です」や、聴障児を紹介する「キッズワールド」など数多くのコーナーを生んだ。
 
【聴障ビデオマガジンみるっく(第2期)】
2002年2月から、加藤さんにかわって難聴者の宮本せつ子さんが司会に加わる。加藤さんとはひと味違った天然宮本ワールドが、視聴者にウケている。ここにろう者と難聴者の女性コンビが誕生!
宮本さんが加わったことで、難聴者にもスポットをあてたコーナーを取り入れることになった。
【聴障ビデオマガジンみるっく(第3期)】
2009年5月号で、野田さんが「みるっく」を卒業!司会は宮本さん1人に。
2009年7月号からは、宮本さんが毎回ゲストを招いて、各コーナーを見ながらゲストとトークするというスタイルになった。
【聴障ビデオマガジンみるっく(第4期)】
2015年5月号から、渡邉百代さん(ろう者)が新に加わり、宮本さんとのコンビで「みるっく」を進めることに。
視聴者の皆さんも、セッチさん・ももちゃんの愛称で、応援よろしくお願いします。
 
 今月の「みるっく」



【windows media】

 【みるっく 9月号】
 ・団体サークル紹介
  熊本県手話サークルわかぎ阿蘇グループ
 ・難聴あれこれ
 ・ライブラリーとお知らせ
 ・みんなで写メろう!